忍者ブログ

合唱のこと、英語のこと、本のこと、友達のこと、仕事のこと・・・とりあえず、ダラダラ続ける日記です。

ハードル、高いぃぃぃぃぃ!
●例によって、てんで出来てる気がしない・・・

毎回泣き言を言っているのだが、またしても
本番が近づき、おたおたウロウロの毎日です。

と言っても、立派なホールで何かやるってんじゃなくて、
単に大学のクラブの同期会の演芸会なんだけど・・・はぁああ・・・

ああ、ため息が重い。

●2月15日(土)はソーノ拡大同期会ハモル会アンド食べる会開催デス。

みんなで打ち上げで飲んでいた時に、
この企画が動き出したんですがぁ、
ついうっかり、酔っぱらってハイになってたもんだから、
ホイホイ~、と先輩の口車に乗ってしまった。

で、ハモル会のにぎやかしに、
先輩とデュエットをやるだとか、
ちょこっと指揮をやるだとか、
伴奏を弾いてみるだとか、

ついうっかり「OKで~す」かなんか、
言ってしまった・・・・。(*さすがにデュエットは
ハードル高いんで、最初はお断りしてみたんだが、
通用しなかった・・・)

アホだ。

賢明な諸先輩方は、お口にチャックをしていたというのに、
(口を開くと、即座に役割分担がやってくる!)

*が、お口にチャックをしていても、そんなこたぁ構わずに、
「やってネ」とテノールソロステージをやるよーに申し渡されて
しまったソリストT井さんを、私は知っている。www

だいたいですネ。

何を間違って、私のよーな若輩者が
しゃしゃり出て、いろいろやる羽目になっちまったんだか。

本番直前になって、プレッシャーに押しつぶされそーになっています。

こーいう時になると、生来の気の弱さが出てきて、
毎日落ち着かず、かと言って練習も遅々として進まず・・・
で、余計落ち込んだりするんですが、

どーもはたからは、あまりそー見えないらしい・・・。

よっぽど強気な人間に見えてるんだろーか。
うーむ、先日も先輩連に「こき使われてる」と
非難(?)を浴びたところなので、ひょっとすると、
そーとー傍若無人なのかもしれない。

いやまあ、実力があれば、多少傍若無人でも
世の中、渡っていけるのかもしれませんが、
どーも自分の力とか、てんで信じられないタイプでして。

はい、ほんとは、オロオロタイプなんです。

(そちこちで、鼻で笑っている人々の顔が見えるが、
いいんだ、気が弱いんだ! と声を大にして主張する、と)

●自分が練習したいもんだから、人を引きずり込む!

今回の演芸会の出し物は、
先輩が「これをやろう」とおっしゃったので、
(先輩のお言葉、絶対! のところ、
合唱団の世界って、やっぱり体育会系だと思う、うん)

モーツァルトの歌劇「魔笛」から
パミーナとパパゲーノの二重唱
「恋を知る男たちは」
Bei Mannern, welche Liebe Fuhlen(ウムラート無視)

と、さらに
モーツァルトの歌劇「ドン・ジョヴァンニ」から
ドン・ジョヴァンニとツェルリーナの二重唱
「手をとりあって」
La ci darem la mano

の2曲。
どちらも愛らしい佳曲です。

が、モーツァルトの歌曲は、どれもこれも
難しいものだらけだ!
ということを、これまでの声楽レッスンから
学んだ私としては、絶対避けたい選曲であります。

さらに、ここ5年くらいバロックでバッハばっかりやってて、
宗教曲の合唱いのち! 状態になってるのに、
オペラのアリアだよぉおおおおおおおおおおおおおおお!
その上、ドイツ語のと、イタリア語のがある~~。

デュエットなので、入りのタイミングその他、
1人でやってても怖いので、

アンサンブルの伴奏をお願いしている
H部さんとバス・バリトンのU田さんに頼み込み、
練習に付き合っていただきました。(それも2回も!)

2人のツワモノは、「いいよ~」と軽く二つ返事で
私のワガママを受けて下さり、H部さん宅に集合して、
練習、練習、また練習。

本日第二回目の練習を終了しました~。

な、なんとか、こんな感じでいけば、
な、なんとかなる・・・かも・・・しんない・・・
ってところまではこぎつけました。

うう、ツワモノの友達を持った私は、
幸せ者デス。今日はお二人に、貢物として、
ちょうど出来上がったところだった
かりんのはちみつ漬けを「へへぇ」と差し上げてまいりました。

そうそう、練習が終わって、ほっとしたところで、
H部さんの愛犬くくちゃんと遊んでなごみました。

先日は「もう帰っちゃうの~」でクゥンクゥンしてたんですが、
今日は練習終わって、お茶していたら、
とてとて足元に寄ってきて、
「さあ、なでろ」と言わんばかりに
いきなりお腹を見せていた~~~~。

ううう、動物って愛らしいよなぁ・・・。

で、思いっきりなでくりなでくりしてきました~うふふ(^_^)v

●にしても、ソリストってすごいよねぇ!

と、練習しながら3人で感嘆してたんですが、

オペラって、こぉんな難曲を、
さも軽々と歌っている・・・風なところまで
歌いこんで、練習をきわめて、
なおかつ演技して、
なおかつ全部暗譜して、やるわけですよねぇ。

とってもじゃないけど、
できましぇん。

だいたい、なかなか歌詞が覚えられない~~~(ToT)

歌詞を覚える以前に、
まだまだ、ああ、ここの音、逃げてる~、とか、
うう、ここのフレーズ、回りきってない~、とか、
ひょえ~、この母音、前に飛んでない~、とか、
気になるところ、山盛り・・・。

なんとか、本番でみなさんの失笑を買わないようにしたい!
と切に祈る次第であります。

てなわけで、
他にも「オンブラ・マイフ」の伴奏(先輩がバスで歌われる)とか、

30分くらいみなさんの前に出て
「おお雲雀」(メンデルスゾーン)のドイツ語版と、
ブルックナーの「Locus iste」を振る、というお役目も
いただいてるんですが、

デュエットの事で頭がいっぱい・・・(頭の容量、少ない)。

ううう、
普段静岡組のアンサンブルで振るのは
平気なんですが、クラブの先輩連の前で振るの、

こわい・・・。

デュエット、苦手意識でアップアップなんですが、
こんな機会、めったにないですから、
何とか一つ、先輩について頑張って最後まで
歌いきらないとぉおおおお(ああ、ほら、またプレッシャーに
押しつぶされている!)

普段、たいてい威勢のいい
「いっちゃれ、いっちゃれ!」みたいな
ヤツなんで、「こわいよ、こわいよ」と
言っても、なかなか信用されないのだが・・・

こないだ第一回の練習でH部さんとU田さんに
訴えてみたのだが、一笑に付された・・・どころか、
2人で大爆笑しておった・・・ひどい。

●でもまあ、勇気をもってぶち当たらねば!

実は、ひそかに、この人、勇気あるなぁ・・・と
目を見張ってしまったのが、

先日の富士の演奏会で仲良しになった
トラ仲間のソプラノY中さん。

ご自身はチェロ、ご主人と息子さんはバイオリンをやられるという
音楽一家で、いろいろ楽しいお話で盛り上がったのですが、

お住まいが三島で(在来線だと、静岡に来るのにゆうに一時間はかかる!)、
静岡バッハにお誘いするのは、ちょっと大変だもんねぇ・・・、と
話していて、

でも、このままご縁がなくなるのもイヤだなぁ、と思い、
一応名刺を差し上げてあったのですが。

まさか、静岡バッハの練習に出てみたいです、という
メールが来るとは思いもよりませんでした。
うれしいサプライズ!

女性は、自分のテリトリー外に出るのを嫌がりますから、
彼女のように、「おもしろそう~、行っちゃえ~」と
動けるタイプは、非常にまれだと思います。

で、11日(祝日でしたが、ちゃっかり練習はあった)に
駅で待ち合わせして、練習会場にお連れし、
一緒にロ短調ミサの音採り練習でしごかれました。

実は18日の練習には、U田さんが参加する予定。
さらに、現在、なんとひびきのアルトの名手S藤H枝さんも、
静岡バッハの練習に参加されています。

今までもそーなんですが、どーも私の知り合いが
静岡バッハに増えているんで、引っ張り魔(?)のような。

*あ、そー言えば、昔、山ほどトラさんをひびきに連れ込んだ
時、トラ連から「トラ使い」というありがたいよーな
お恥ずかしいよーなあだ名を拝命したことが!
あれ? 気が弱いハズなんだけどな。強引にみんなを
呼び込んでいる?

いえいえ、そんなことはございません。

だいたい寂しがりの甘えん坊なんで、
いろんな人に甘えてお願いしてるんでしょう。
で、「しょうがない奴だな」と
お優しいみなさんが、お付き合いしてくださるんですよ。
(どーも言い訳にしか、聞こえないな。おかしいな・・・)

Y中さんの場合は、
遠方なので、なかなか毎週は通えないでしょうけれど、
たまにお楽しみで来てくだされば、いいなぁ、と思います。
(で、ちゃっかり、ジョイオブでご家族で
バイオリンやらチェロの演奏をしないか、と
誘ってしまったお調子者の私です)

いかん。

気が弱いっていうコンセプトで
書いていたハズなのに、
だんだんボロが出てきている・・・。
PR
この記事へのコメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/16 uriboh]
[10/16 宮田昭宏]
[10/01 uriboh]
[10/01 宮田昭宏]
[07/18 情報漏洩]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  -- うり坊はうす --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]