忍者ブログ

合唱のこと、英語のこと、本のこと、友達のこと、仕事のこと・・・とりあえず、ダラダラ続ける日記です。

●感動の余韻さめやらぬ……

本番から一夜明けた
7月30日(日)。

朝イチで
静岡組メンバーズや
ご来場いただいたお客様からの
メールやラインが
飛び交い、

ああ、終わっちゃったんだ、
今年も………。

とどこかで思いつつ、
昨日のあまりの楽しさに
めまいがしそうなほど
至福の朝を味わいました。

遠路はるばるおいでいただき、
渾身の指揮で
寄せくる怒涛のごとき
曲の洪水を、
力強くまたきめ細やかに
導いて下さったカントクはじめ、
皆々様のおかげで、
今年も最高の1日を
過ごす事が出来ました。

何度申し上げても
足りないんですが、

本当にありがとうございます。

●20年来こき使っているらしい………σ(^_^;

打ち上げの席上、
S田さんが20年前に
ハイドンのオラトリオ「四季」の
トラに呼ばれて以来の 
付き合いである云々、
のスピーチをされていまして、

また、挨拶に立たれる
お一人お一人が、
何か通過儀礼のよーに

ワタクシとのそもそもの
関わり云々、を
語られるので、

しまった!

そんなに長年にわたって
多くの方々を
こき使っているのか!
と、アワアワし、
急いで顔を隠して
みたりしていたのですが。
 ↑
自覚が足りない!
C蔵よりヒドいかも?!
※今回、A石さんの仕切りが
C蔵入ってましたネ~。こわっ。
けど、ますますソリストとして
の経験を積まれ、ツヤツヤの
伸びのある美声を堪能させていただきました。うーん、やっぱり
また朗読と歌のライブやりたい
かも。

さて。

今日改めて調べてみたところ、

そもそもの発端は、
S響定期演奏会で
ベートーベンの第九をやる
ために募集された
S響合唱団にワタクシが
入団した事で、
これ、調べてみたら
1995年6月18日が
最初の本番。

以後、
モーツァルトのレクイエム
(1996.9.28)

オペラ名曲集
(1997.5.17)

と続き、ついに
1997.12.7に
ハイドンの「四季」本番がっ!

この大曲、当時の
合唱団事務局長の選曲だったの
ですが、静岡はおろか東京でも
ほとんど演奏されないプログラム
で、S響合唱団は初めての
とんでもない大曲挑戦で
なかなか仕上がらず大騒ぎ。
特に男声は戦力不足で、
それこそ役員会はムンクの
「叫び」状態で………。

で、その時、
「あれ? この曲、
クラブの先輩方は
みんな歌われてたような?」と
ワタクシ、気が付いて
しまいまして。
 ↑
入団の年の5月本番
でやっておられたヤツで、 
ワタクシたち1年生は
指をくわえて見ていたヤツ!

で、藁にもすがる思いで
昔の住所録を引っ張り出し、
先輩方に泣きついてみた!

幸いにして、「こんな
オケ付の大曲は、そうそう
やる機会がないから、
行ってあげてもいいよ~(≧▽≦)」

と男気あふれる諸先輩方が
わんさか集まって下さり、
素晴らしい演奏をして下さった
のでした~(≧▽≦)

ありがたくって、
足を向けて寝られない!
じゃ、来年もよろしく
お願いしまぁす~……と(≧▽≦)
 ↑
あれ?σ(^_^;

さらに調べてみると、
そのうちうっかりC蔵の
ジョイ・オブ・ミュージックに
関わるよーになって、
以後こき使われ道をばく進(?)中なのだが、

2007.8.4の第8回ジョイオブ
では、それまでさんざん
トラとして歌わせていた
カントクに泣きついて、

ボブ・チルコットの
A Little Jazz Mass全曲を
指揮していただき、
以後毎年振ってください~、
地獄の底まで(?)ついて
いきまぁす!の静岡組女声を
組織するに至る………と。





ちなみに、昨夜U田さんと2人で、
「一体いつ、どの本番で
知り合ったんだっけ?」
と考えていたのだが、
調べてみると、

1996.9.28にやった
モツレク本番で友達になったような………。なんか、あまりに昔から仲良しなので、いつ知り合った
のか、どうやって知り合ったのか、もはや不明。U田さんの
おかげで、合唱団テラにも
お邪魔してカルミナなんか 
やらせていただき、またたくさん
歌友が出来た。

最初トラでお会いした時、
お話しするそのお声が
「これぞバスバリ♪」で、
なんていい声の人なんだ、
と感激したU海さん、
他にも大量に歌う曲を
抱えて西に東に駆け回って
いらっしゃる中、今年も
静岡を楽しんで下さり、
ありがとうございました!

カントクが指揮されている
グリークラブ・コロボックルでも
お世話になったY川さん、
カントクJr.、遠路はるばる
どうもありがとうございました!
Y川さんも例年大量の本番を
抱えていらっしゃる中、
静岡下りもお楽しみいただけて
いるように思い、いつも
明るい笑顔を拝見する度
嬉しくなってしまいます。
 ↑
※ジャズっぽい合唱曲もいいね、
のお話をしている時、チルコットがLittle Jazz Massの他にもう
一曲ジャズっぽいのを書いて
いる、という情報を教えて
下さいました。譜面探して
みたいかも。

合唱で美声を響かせて下さった上に、
気配り上手のM宏さん、
宴会では次々と手際よくお皿に
取り分けていただき、
恐縮でした!

なんか、どれもこれも、
美味しかったですねぇ(≧▽≦)
ついうっかり、食べるのに
夢中で、写真、1枚しか
撮れませんでした。



  ↑
マグロのテールtailだそうです。
ほっぺた落ちそうでした。

今回は、1つ上の学年の
T橋さん・T井さん・Y本さんにも、
忙しい最中駆け付けていただき、
全体合唱などではすぐお隣で歌わせていただいたりして、
とても楽しかったです。

思えば、よくぞこのクラブに
入ったものです。
大学生になって、大好きな
先輩のまりさんが入った
クラブに入るんだ~(≧▽≦)
………としか考えてなかったので、
そこがトンデモない魔窟(?)とも
知らずに入団し、気が付いたら
すっかり足抜け出来ない状態に
なっていましたが、足抜け
出来なくて、ホントに良かったです。

長年にわたってワタクシの
わがままに呆れながらも、
おつきあいして下さる
優しい先輩方あってこそ、
ジョイオブも続けてこられた
わけで、いつの間にか
すっかり馬齢を重ねてしまい
ましたが、こんなに楽しい
合唱人生を続けられるとは、
学生時代には想像もつきません
でした。

現在アンサンブル女声の
要として活躍中のMりさんや
O井さんにめぐり逢ったのも、
各地で行われた第九イベント。
これまたよくぞ仲良しになって、
一緒にやってもいいヨ、に
なって下さったものです。

今年も頼りにしっ放しで
本番を終えちゃいました~(≧▽≦)
  ↑
Facebookで名古屋のSさんに
教えていただいた林光の
名曲、今回O井さんの
ドラマチックソロで
ものすご堪能。ピアニッシモで
七度(かな?)ふうっと
上がるとこが、ものすご
胸キュンでしたぁ❤
  ↑
来年はMり・O井ペアの
デュエットがある予定。
これは聞き物!

●初めての男女ペア♪

今年の挑戦は、
エクセレントなT井さんに
おねだりしたデュエット。

ビゼーの「小さな木の実」
メンデルスゾーンの「秋の歌」と
「愛のあいさつ」の3曲。

えーと、自分が出来るか、
ということよりも、
とりあえず大好きなんで、
やってみたいよ!
という気持ち先行で決めて
しまったプログラム。
  ↑
で、しっかり自分の首を
締める………と。

T井さんは、既に5月の
連休練習の時には
キッチリ仕上げてらした
のに、ワタクシの方が
てんて出来てなくて、
あわわの辻であわわ状態。
 ↑
※平安古典ネタ。





年々小さい文字に焦点を
咄嗟に合わせられなくなって
きているので、

読めないストレスで
歌えなくなるよりは……と、
譜面にデカデカと歌詞を
書き、Google翻訳さまを
駆使して、ドイツ語→英語
で単語翻訳して、とりあえず
1語ずつ書き込みし納得したら、
だんだん口が回るようになっていった。やっぱりちゃんと譜面と
向き合わないとダメなんだなぁ。

カントクが練習の時に
おっしゃっていた
ロングトーンのさばき方とか、

バッハの練習で先生が
おっしゃっていた
符点音符のさばき方
(途中でお腹の支え直しを
意識したりとか)とか、

ソリストのNちゃんが
時たまポロッと教えてくれる
発声のヒントとか、

ナルホドなっとくしながら、
途中でうっかり忘れないで
やり続ける、を意識し直したり
とか、

本当に、いろんな助けを
いろんな人が、常に与えて
くれています。

なかなかそれらの
ヒントを活かしきれないんだけど、ヒントを意識し続ける、
あるいは意識し直すことを
忘れない、というのが
昨年から今年にかけての
ワタクシの目標で、

どうやら今回のデュエット
ステージは、そういった面では
目標達成できた感がありました。
  ↑
とは言え、T井さんの
端正な発音発声に比べると、
えーと、ずいぶんうっかり
間違いとかナンとか、
いろいろありましたんですが、σ(^_^;

とりあえずピアノのK田さん
にもすごく褒めていただいた
もんだから、すいません、
今ものすごーく舞い上がって
います❤

さらに、来年もまた
お見捨てなくT井さんが
デュエットして下さるそうなので、うふふふ、さ、何を
選ぼうかな~(≧▽≦)と、
これまた、既にウキウキ
したりしているワケで。

それにしても、
うちの伴奏者H部さんは
とてつもない人ですね。

どうしてもこの方の
ピアノが欲しいもんだから、
毎年あれもこれも、と 
おねだり・お願いするばかりで
本番当日は、ともかく休みなく
弾きまくり。

さぞさぞお疲れになった
ことでしょう。

すいません、
こんなヤツとママ友
だったばっかりに、
年々あれもこれも度が
えらい事に!
(バッハの方にも紹介
しちゃったので、時たま
トンデモない要求が!)

今回は客席の1番前で、
ご主人様とお嬢様が
並んで聴いてくれました。
心配だったのかなぁ。
ええと、心の中で
「ごめんね、ごめんね、
こき使っちゃってごめんね」
してたんですが………(-_-;)

そうそう、最後になっちゃい
ましたが、今回ワタクシの
強引なリクルートにのって
いただき、初静岡を体験して
くださったI垣さんとミーコペア。

お暑いところをおいで
いただき、本当にありがとう!
小さな小さな集まりですが、
中身はハンパなく濃いような、
不思議な集まりです。
お楽しみいただけたなら、
嬉しい限りです!
来年もまた是非お遊びに
いらして下さいね!

まだまだ書ききれない
感謝と喜びでいっぱいです。

皆様、今年もありがとう。
また来年お会いいたしましょう。




 ↑
中高のクラブの先輩Kちゃん(まりさんの一個下)撮影。毎年ご入場ありがとうございます!


  ↑
Kみちゃんお手製の梅干し!
元気の源~(≧▽≦)
ありがとね!

PR
●絶対ギリギリまでかかるだろう、これは………

と思っていた個人的ミッション、
なんでかわかんないけど、
(日)にちゃんと書き上がった。

ラッキー。

けど、大急ぎで打ち込みして
いた分だけ、誤植多かった
けどね………(-_-;)

で、添削校正終えて、

はー、手が離れた。

で、久しぶりに
時間を気にせず
百円ショップに浸る、と。
(そこかい?!)

ネットで見つけて、
欲しくなったモノが
あったのだが、つい別件の
可愛いモノを買ってしまった。



小さなポーチです。
シルクのアームカバーを
入れて持ち歩くのに
ジャストサイズなのだ!(^^)v

●懸案のメサイア・アルト修業は

先日全曲一気練習に
参加して、一気に初見
しておきました~(≧▽≦)

アハハハハ。

後半の難しい曲で
引っかかる気満々だったのに、
意外と出来なかったのは、
最初の曲でしたー!

しっかり失敗しましたー!

どうも出のタイミングが
ソプラノと大分違うとこが
あって、うっかりしてたら
乗り遅れて、
あとはおぼろ~………みたいな。

ヤバい。

修正しておこう。

一応K子先生には
「ちゃんと取れててエラい」と
褒められ、いい気になっている
のだが、まだ1、2ヶ所、
純正律に入りきれてない
音がある。修業しないと。

●で、別の曲でもアルト♪

磐田バッハの演奏会とは
別なんですが、

去年も参加した
静岡の奥地で
バッハを演奏しまくろうゼ!
フェスティバル。

静岡バッハ祭とか
言うらしいんですが、
今年もお誘いがあり、
(つーか、合唱の責任者が
Iヶ谷さんなので、逃がさないゾ
的なお誘いが(^。^;))
歌うことになりました。
9月の23日です。連休です。

で、今年のお題は、

ヨハネ受難曲の
第1曲目及び終曲(40番の
コラール)という、それはもう
おいしいお話。

わぁいわぁい(ノ^^)ノ

と喜んだのはいいんだけど、
メンバー数見たら、
ここでもアルトが足りてない!

ええい、こうなれば
毒くらわば皿までだ!
………と言うわけで、
自らすすんで、
アルト宣言をしてしまった
のでした。

………いいんだけどね。
今年のジョイオブも、
「くちびるに歌をもて」の
アルトやるんだし。

練習曲は多い方が
いいもんね。

とは言え、バロックピッチの
415でアルトばっかりやってると、
440のソプラノの高音部が
当たりにくくなったりするので、

要するに、
毎日アルトとソプラノの
基礎トレーニングは
しないとアブナいのである。

1週間後には、
東京都合唱祭でソプラノだしー。
 ↑
今回の曲は、
最後までいかに
ソプラノがラッパを
鳴らし続ける事が
出来るか?
にかかっている………と
カントクがのたまわれたヤツで、
確かにソプラノが音下げたら、
カンペキにアウトです(T_T)

けどまあ、仕事が
計画通り進んで
気持ちがよいので、
このナチュラルハイ状態を
キープして、練習に
入ってしまおうかなぁ、
と思っているところ。

これからどんどん気温が
上がってしんどいシーズンに
突入するというのに、
我ながらどーしてこう
お調子者なのか、と思う
今日この頃なのであった。


 ↑
最近こういう小さな鉢が欲しい。
●ミッション・インポッシブル発令中………のよーな気がしている昨今。

6月中にどーしても仕上げたい
個人的ミッションがあり、
このところ夜中までせっせと
書いてたりするのだが、

これに関しては、既に
裏シナリオが出来てる状態
なので、自分の怠け心
すなわち
「めんどくさいなー
この話、飽きたなー」
の気持ちに打ち克ち、
とりあえず仕上げまで
突っ走ることが肝心。

なので、ともかく、
毎日ケッコーなスピードで
書いております。

まあ、自己満足だが、
書き上げないことには、
次に書きたい話に移れないので、
とりあえず頑張っている。

実はケッコー毎日楽しい。

………のだが、
自分プロジェクト以外で
とんでもなミッションが
6月10日にいきなり
発令されまして。

いやその、
当初むちゃくちゃ嬉しくなって、
1も2もなく快諾しちゃった
のだが、数時間後には、

えらいこと、
引き受けちゃったんじゃないか、
自分………(゚o゚;

と、現実に目覚めて
ムンクになっているのでありまして。

●何がインポッシブルなのかっつーと

磐田バッハ関係。

8月19日(土)に
一般参加含むメンバーで
浜松メサイア合唱団と銘打ち、
いつもお願いしているステキな
古楽オケMAT(Mozart Academy
Tokyo)さんとともに、
ヘンデルのメサイア全曲
コンサートを予定しており、

さらに12月16日(土)には、
磐田バッハメンバーズだけで、
同じオケさんで浜離宮
朝日ホールで、やっぱり
メサイア全曲コンサート………

という事になっており、
何度歌っても嬉しい美味しい
メサイア大好きのワタクシも、
本番を楽しみにしてるんですがぁ、

ソプラノとアルトの
人数バランスがよろしく
ないんじゃないの?

というのが、つい先日発覚
しまして。

ソプラノはソリストが3人
フルメンバー参加OKなので、
元々人数多めのところに
フルパワーが。

アルトは、いつも引っ張って
下さるソリストさんお一方他が
出られない上に、8月の
本番は静岡から通って下さってた
メンバーお三方が、ご家庭の
都合で参加を断念されて、

ただでさえソプラノより
少な目のところに、
本番ステージに乗れる人数がいつもより
少な目………というのが発覚。

で、誰かソプラノから
アルトにコンバートさせる
べえ、となり、白羽の矢が
ストンと当たっちゃったのが、
普段から冗談でアルトやら
テナーやらを歌って遊んで
いたワタクシだったわけで。

あああ、
キジも泣かずば撃たれまい!
……を地でいっちゃったよぉ(-_-;)

で、つい「やりまーす」とか
言ったのはいいが、
最初の本番まで
あと2ヶ月くらいしか
ないっつーのに、

いきなり18曲も、
ほとんど手付かずの
曲が目の前に
現出しちゃったのよねー。
(゚◇゚)ガーン

日が経つにつれて、
ジワジワとプレッシャーを
感じる今日この頃なのでございました。(/_;)

それでなくても、
エクセレントなT井さんを
くどきおとして、デュエットを
やっていただくビゼーと
メンデルスゾーン、
てんで練習が進んで
ないっつーの。

ああ、
野望ばかり大きくて、
てんで内実を伴っていない。
(少しは反省しろ)

ともかく6月いっぱいで
My プロジェクトにけりを
つけ、
とっとと、さっさと
練習しなければーっ!

●とは言え、やはり内声部は楽しいのだ。

通常ソプラノと言えば、
音域はあれど、
中間~下部音域の音を
てんで鳴らせないものである。

よく指揮者の先生が
「遠慮しないで、そこ、
もっと鳴らして~」と
おっしゃっているが、
決して遠慮ではなく、
鳴らし方がわからない
ので、か細い声しか出ないのだ。

私もご多分に漏れず………
だったが、男声合唱団で
テナーをやってみたいゾ!
という野望をonce upon a time
抱き、当時ついていた先生
(幸いアルトであった)に
鳴らし方を教えていただき、

フツーのソプラノ合唱団員よりは
鳴らせるゾ! 状態をキープする
事を得、今に至るワケで。

で、アルトの音域を
ちゃんと鳴らせると、
これがソプラノやってるよりも
合唱的にはかなり美味しい。
曲の構造を支える中心部の
重要な音を
自分で出せるのって、
やっぱり快感です。

先日、メサイア後半部分の
練習に参加して、せっせと
音取りしていたら、
おおお、なんか、ものすごく
下3声に一体感。
ソプラノが実は
構造体の上に乗っかって
ピーヒャラしてるだけだ!
という不思議な感覚を経験しました。

普段ソプラノやってると、
どーしても自分たちが
メロディーで主役で、
曲を引っ張ってる感が
強いんですけど、

アルトをやると、
ちょうどこう、
同じモノを完璧に
別の角度からとらえ直し
………になるので、
ともかくおもしろい!

普段自分のアンサンブルでも、
アルトを女声全員でやって
みたり、ソプラノを全員で
やってみたり、と
「オニー」と言われながら、
いろんな事をさせていますが、
違うパートをやってみると、
1つの曲なのに、
あれ? お隣さんでは
全く違うとらえ方を
してるんだ!
と、ケッコーな目ウロコに。

大曲メサイアの、それも
全曲を2つのパートでやれる
っていうの、そうそうある
事じゃないので、この上は
「一粒で二度美味しい」
感覚を堪能してみるかな~(≧▽≦)

てなわけで、
本日は覚悟を決めて、
全曲集中練習に
行ってきま~す。
 ↑
で、自分プロジェクトで
忙しいので、自宅でてんで
音取りしていない。
いつものよーにいー加減だが、
なせば成る、と思う。

うん。きっと。
たぶん。

オマケ写真は静岡バッハ
練習会場にあった
いい感じの植物たち。








●例によって

東京行って練習して、
娘と銀座行って画廊でフィーバー(?)して帰ってきて、

疲れてへたってたり、
高速入力し過ぎで腱鞘炎になりそうになったり、
家の修理で職人さん入ったり、
で、ワタワタしている間に
半月暮らし、ヨイヨイ♪

………みたいな、相変わらずの
状況。

バッハの練習もかなり
オサボリしちゃったので、
今週(火)、静岡バッハの
練習に出たら、先生に
心配されてしまった。

磐田や浜松までは、
なかなか毎週は行かれない
のだが、静岡練習は余程の事が
ない限り休まないようにして
いる。先週休んだので、
心配してくださったらしい。
わぁい❤

………つーか、休むと、
ヘタすると、ソプラノ1の
人数がほとんど確保できな
かったりする。見かねて2の
O石さんがお助けに入って
くれたりするほど、現在ソプラノ1人員が少ないのであった。
求む、ソプラノ1!

●アンサンブル練習は出来た!

(火)に続けて(水)に
アンサンブル練習を設定し
ちゃったので、皆さん練習続き
で大変なんですけど、
とりあえず、もう6月で、
練習日は月2回しかない上に、

本番、7月29日!

あせって仕上げていかないと、
間に合わないんで、
心を鬼にして(もとから、
という声が聞こえないワケ
でもないが、それはとりあえず、
おいといて!)、練習、練習。

今年のメイン曲は、
信長貴富さんの
「くちびるに歌をもて」。

ドイツ語歌詞でアカペラ部分
があったりするのも、少々
引っかかるのだが、

以前東京でやった時よりも
こっちの方が人数が少ない分、
女声がまとまりやすいのか、
それほど音程を下げずにいける。

が、次々と襲いかかる
転調部分はあきまへん。
♯4個→♯6個→♯3個→
また♯6個→♯4個
と移っていくんだけど、

♯6個の譜面が読めない、
読みにくい。

ショパンの「黒鍵のエチュード」かいっ!…………という位、
黒鍵だらけなので、
譜面を見ても、正しい音は
見た目通りなのか、
♯しておるのか、
一瞬で判断できない。

ので、逆にアタマで
考えるより、音源を聴き込んで、
感覚で正しい音を身体に
叩き込んでから、おもむろに
譜面を見直す………の方が
効率的な感じ。

なんだかんだ言って、
みんな自主トレしてきて
くれるので、少しずつ
まとまってきてるかなー。

おもしろいのは、
東京のソーニョでは
かなり引っかかった
最後2ページのいきなり
アップテンポ・リズミック
部分を、静岡チームは最初から
ちゃんとこなせていた点。

まぁ、この最低限の人数で
A Little Jazz Massもやって
しまった人々なので、
リズミックなのが得意なのかもなー。スゴいなぁ。

………とニマニマしていたのだが、

久々にインドネシア曲の
Laskar Pelangiをやってみたら、
てんでリズムがなかった………(T_T)

●マルチタスクはやはり難しいのだ!

どうも見知らぬ外国語である上に、リズムを立てないと曲にならないタイプのものなので、
腰が引けてるらしい。

とりあえず、言葉の方は、
インドネシア語を聴いて分かるのは、編曲者S田さんだけなので、
間違っても誰も分からない!

ので、とりあえず言葉の事は
忘れて、リズム手拍子しながら、
リズムだけ歌おう!
……の練習を通して3回ほど。

リズムに納得して、身体が
動き出したら、今度は勝手に
口が動いて、言葉も言える
ようになってきた。(全ての単語じゃなくて、重要な単語だけ
ピックアップして聞かせる
ように発音したのも良かったね!)

ナルホド!

人間はマルチタスクが
苦手で、同時に
2つ以上のことをやろうとすると、上手く出来ないことの方が
多い、と言われますけど、
ホントにそうですねー。

①未知の外国語を読んで発音する
②普段歌わないリズムで、軽やかに動く

という2つのタスクを
すぐには同時に出来なかったのデス。

マルチタスク
をこなすには、例えば2つあるうちのどちらか1つを徹底的にやって、ほぼ無意識に出来るくらいのレベルまで持っていくのが手っ取り早いのではないか、と思います。

そうすると、2つ目のタスクを
増やしても、何とかこなしていけるような気がするんですけど、どうでしょう。

難しいピアノ曲の練習で、まずは
ゆっくり片手ずつさらって、
出来ないところを潰していきますよね。

で、右手あるいは左手パートが
無意識に動くようになり、
そのパートに関しては、
譜面を確認したり、
鍵盤を見たりしなくても、
何とかなってきてから、
初めて両手で合わせて弾いても
何とかなってくる。
  ↑
ってか、上手い人は
最初から出来るのかもしれ
ないけど、私はムリだな。

というわけで、この日
練習に参加出来たメンバーは、
リズム唱徹底トレーニングで、
すでに「インドネシア、何するものぞ!」的なノリに入っており、

続けてやった
「おどるポンポコリン」も
てんでもたらず、
カッコイいリズムで
歌いきる事が出来ました。

ので、来られなかった方々、
自主トレでノリノリに
しといてつかぁさい!
よろしくゥっ!(←一番ノリノリの奴)
●体調回復、捻挫もほぼ回復!

静岡バッハ演奏会終了後の、
何だかよくわからない体調不良が
回復し、その後連休初日の
プティポ連休カントク練習も
楽しく終了(10日くらい 
声を出してなかったので、
こわごわ始動。T井さんとの
デュエット曲は練習不足で
てんでドイツ語になってません
でしたが、ハモりは気持ちよく
いけ、「唇に歌をもて」の
アルト音取りも出来ました。ほっ)。(ノ^^)ノ

翌30日にお散歩途中で
転んで左足首捻挫。(-_-;)

初日は痛くて動けなかったけど、
足が鬱血しないようにベッドに
タオルケットを巻いて台座にし、
足を少し高めに置いて
休めていたら、1日で
腫れが引き、その後は順調に
回復して、これも、ほっ。

………てな感じで、連休中は
おとなしーく過ごしていましたが、

7日のソーニョ練習及び
8日のY田さん母上の
個展に伺うための一泊上京、
目一杯楽しんできました。

●ともかくホッとしたのは

通常の練習サイクルに
入れなくて、トレーニング
不足でまた従来の悪い歌い方の
クセが回復してしまうんじゃないか、と内心不安に思っていたのだけれど、

思いの外ちゃんと
新しいフォームが
身体に馴染んでいて
くれていた事を確認出来たこと。

やった~(^^)v

合唱やって、カラオケもやってみて、どちらでも高音域でも
逃げた音にならなかったし、
母音の移行もスムーズに
イケているよう。

良かった、良かった。

去年半年かけて
毎日トレーニングした
甲斐があったようです。

が、油断せず、さらに
自在に表現出来るよう
精進しなければー。

(※7日の出発直前、次に
静岡バッハでやるブルックナーの
モテットChristus factus estと、
バッハのカンタータ150番を
You tubeで試聴して、あまりの
難しさに、一瞬目の前が真っ暗
になったのだが、まあ、練習して
れば、そのうちナンとかなるだろう、と。)

(※ソーニョ練習では、
ソプラノソロ部分の修飾音符の
表現が難しくて、うーん、うーん、と唸ったのだが、きっと、
そのうちナンとかなる………んじゃ
ないか、と思っておこう。)

●今回のメイン・イベントは

娘を引き連れての
銀座の画廊詣でデス。

FB友達のY田さんの
お母様の個展デス。

ちなみにお父様は
ただいま私と一緒に
英語俳句をやって下さって
いまして、いわばチームメンバー。既に昨年一昨年と、
毎日の俳句を日本語と英語で
綴る「1日1句シリーズ」を
刊行し、今年は3年目に突入です。

個展会場には、ご夫婦の
ご友人・ご家族のそうそうたる
メンバーが続々と詰め掛け、
お父上が縦横無尽の話術を
もって、初対面同士を
鮮やかに結び付けて下さいました。さすが、先達!

話に花がいくつもいくつも
咲き、あっという間に
2時間以上が経ってしまいました。

今日はY田さんご本人とは
行き違ってしまって、
残念ながらお会い出来なかった
のですが、Y田さんの奥様、
そのお母様にもお目にかかり、
あれも、これも、と
話は尽きず。

奥様は、素晴らしくゴージャスな美女で、人をそらさない
ゴージャスな微笑みが印象的。
一目でファンになりました!
お仕事への真摯な情熱が
お話しするうちに伝わってきて、
あああ、こういうステキな
女性にうちの娘もなって
欲しいものだ………と。
  ↑
ちなみに娘本人は、
Y田さんお父様に
大いにはっぱを掛けられ、
キンチョウしたような、
内心だいぶ嬉しかったような、
複雑な顔をしていましたが。

今回娘を連れて行ったのは、
奥様のお祖父様が
日本の童話文学の黎明期を
切り開かれた巌谷小波(いわやさざなみ)さんで、

大学時代に児童文学の
研究に興味を持ち、
卒論もそっち方面で書いて
いるので、いわば「生きた
文化遺産」とも言える御一家に
引き合わせ、何がしかの
刺激を与える事が出来れば、
と思ったからなのでした。

ものすごい大先達たちの
中に放り込まれ、
相当びっくりしていたよう
ですが、かつてない刺激を
受けたのではないか、と
思います。

やっぱりちょっと書きたいヒト
なので、ステキな人たちとの
邂逅は、何よりの財産に
なっていくのではないか、と
思います。

Y田さんのお妹様で、
ブルガリアにお住まいの
M子さんにもお会いする
事が出来ました。この方は、
短歌が素晴らしく、また
あちらの子供たちに日本の
書道などを教えてらっしゃる。
(この子供たちの作品群が
また、すごぉく楽しい!
日本語の文字の美しさ、
おもしろさを楽しんでいる、
というの、見ればすぐ
分かります。)今回初めてお話しできて、
その大らかな魅力に惹かれました。
美味しいチョコレートを
たくさん、ありがとうございました!
お土産にいただいた分も、
東京駅で2人で食べちゃいました!

さらに、プロ作家で
いらっしゃる奥様の
油彩力作群を思う存分
拝見し、その詩情あふれる
世界観に息を呑みました。
 
以前伺った時のは、
水彩画シリーズでしたが、
今回は油。雪の風景、
緑あふるる庭の風景、
ヨーロッパの古都に
今も生活の一部として
生き続けている城門の景色。

水彩画の幸せな世界観も
ステキでしたが、
油彩はさらに奥行き深い。
そこに人生が、
生活があることを、
如実に感じさせられました。
まさに眼福。
良い作品に出会えた事もまた、
私にも娘にも大いなる栄養と
なりました。

素晴らしい午後のひととき、
ありがとうございました!

お気に入りのものをいくつか
アップしますね。


 ↑
エストニアのタリン。
旧市街の門。


 ↑
ルーマニア、シギショアラ。
時計塔のアーチ門。


  ↑
娘のお気に入り。
ブルガリアのソフィア。
青林檎のある庭。



カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/18 情報漏洩]
[05/04 u海]
[03/06 uriboh]
[03/06 野良犬]
[01/24 uriboh]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  -- うり坊はうす --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]