忍者ブログ

合唱のこと、英語のこと、本のこと、友達のこと、仕事のこと・・・とりあえず、ダラダラ続ける日記です。

やはし、ブリテンは強敵であった!
●今年の歌い納めは………

本日の静岡バッハ練習、
ロ短調ミサのほとんど一気通貫音採り練習にて、歌い納めとなりましたー。(通常は毎週火曜日に練習がありますが、練習会場が教会なもんで、今週火曜日はクリスマスのため使用不可。特例で木曜練習となりました)

マエストロから、さりげな~く
「どこのパートも取れるようにね」と言われてしまったが
(やっぱりそうなのね!)、

2月2日の富士の本番までは、
とりあえずソプラノ1で
練習しておこうっと~♪

●実は22日・23日・28日と3連チャンのハズであった。

磐田のクリスマスコンサートシリーズは、慰問×2、地域のファミリーコンサート×1で都合3回続く、というスケジュール。

これまでの経験からすると、
毎回本番当日は、
どえりゃー集中してしまい、
終わるとゲッソリ。

本番会場に朝早めに着くためには、
かなり早起きして、えっちらおっちら遠征しなくちゃならない、というのも敗因の1つらしい。

自分の体力を考えると、ともかく
22日・23日の連チャンがアブナい。当日よくても、後でどっと
疲れが出てしまいそう。

で、疲れ果てて、やっと持ち直したか、というところで、もう一本、28日がやって来てしまう、という寸法。

静岡から遠征するIヶ谷さん、Aちゃんと鳩首会議をし、全日程を踏破するのは危険なんで、出てもなんとかなりそーな日程でそれぞれ出よう、という事に。

で、22日はブリテンのキャロルをやる日で、私はこの日を選択、23日はIヶ谷さんとAちゃん、となりました。23日は、11月にやった慰問コンサートとほぼ同じプログラムで、どちらかと言うと楽勝……か?

22日の方はブリテンがともかく難しくて、Aちゃんは「パスだからー!」と叫んで23日を選択。
が、後に23日には、おっそろしいワナが待ち構えていたことが判明。

そう、ブリテンを回避したことが、
恐ろしい序章の幕開けとなったのであった………って、横溝正史か?!

で、28日は本年最後の慰問コンサートなので、終了後は先生宅で
持ち寄り忘年会をしよう!
ということになっていて、
22日から間が空いてるし、
ま、いいかー。
何を持って行こうかなー。

とか思っておったのですが、
ちょうどその日に、
インドネシアから一時帰国されてる
S田さんを囲んで激励会兼ねた
忘年会やろー、という回状が
指揮者さまから回ってきて、
わーい、行きます………と。
(いいかげん人間である)

はい、ちゃんと先生の奥様
K子先生に事情をお伝えして、
お許しをもらって、
おサボリに決定しましたデス。

というわけで、
22日のブリテンは、
全力投球してきましたデス!

●全力投球しても、なかなか
歯が立たないんだな、これが……。


FB上で、私がこの曲に挑戦する、という話題が一部で盛り上がり、高校の後輩のM奈子ちゃんからは
「大学時代にやりましたが、すごく難しかったですー」(←や、やっぱり!)とか、

名古屋のSドクトルから
「同じ曲集の中の曲を
クリスマスコンサートで
ヤロー3人でやるけど」(←なんか、
破綻覚悟らしい………どーなりましたかね)
みたいなお話が飛び交いました。

うーん、やっぱりむじゅかしいのね………(ToT)

今回、女声3部、というか、
ジュニアメンバー+オトナの女声2部の構成。

ジュニアが6人くらいでソプラノをやり、メゾが私を含めて4人、アルトが3人………くらいかな。

ジュニアはK子先生にものすごく
しごかれたそーで、ちゃんと
きっちり歌えていて、とっても
えらいー!

アルトはK子先生が引っ張るんで、
てんで危なげない。

で、問題なのは、普段ソプラノしか
やってないにわかメゾの私たち。
その上、ドイツレクイエムの練習ばっかで、ほとんどブリテンを合わせる時間が取れなかったー!

メゾを間にして、上からも
下からも、半音でどしーん、と
ぶつかってくる和音が、
これでもかー、これでもかー、と
出てくるもんだから、みんなで頭を抱えまくり。

本番直前までカシオのミニキーボードで音を確認したりしてましたが、ど、どーやらこの音で
いいらしいゾ………的なあやふや~な
段階で、本番GO!

青い~~~!!

その上、鳴らないホールなんで、
1音ずつ1番奥の入口扉に向けて、
音を飛ばしまくらないと、てんで
曲にならない。

でも、なんとか、
ここの所は和音を鳴らしたいゾ!
というところは、かろうじて
和音が鳴りました。14世紀の英語というわけわからん歌詞も、ハマりました。

ただ、細かいニュアンスの作り方とか、音色感とか、まだまだ……って感じで、気持ちよくコントロールして歌える段階には至りませんでした。

終わってからみんなで、「あと1ヶ月くらいは欲しかったネ~」と言い合ってました。

いやぁ、やっぱりブリテンは、
一筋縄ではいきませんね。

●23日の波乱万丈

ともかく22日がなんとか終わったんで、私は翌日はゆったり構えてたんですが、

朝イチでソリストのNちゃんが
具合が悪くなり、今日出られなくなっちゃったので、早めに集合して代わりの曲を検討します、
という緊急メールが回ってきましたー!

既に22日から、ソプラノの主力で、頼りのおねー様N本さんは喉がつぶれて声が出ないんで、歌えない状態で青かったというのに、Nちゃんが歌えないんじゃ、こりゃツラいわー。きっと今頃Aちゃんは青くなっているだろー。気の毒に………ファイトぉっ!

で、励ましメールを送っておいたんですが、

後で聞いた話では、急遽
ハンドベル付きで
クリスマスの歌をやる事になり、
「はい、これやってネ♪」と
ハンドベルを渡され、
ムンク~~~!!
状態になったらしい。

本番では、見事に
とちってしまったんだとか。

本人、忘れたい記憶になってる
そーなんで、忘れないよーに
ここに書いておいてあげよう。(←アクマ)

●てなわけで、年末も波乱中。

この調子では、28日の本番も、
何が起こるかわからない
スリル満点のものになりそーであります。

まあ、私はノホホンと東京に
行ってしまうので、
Aちゃんがムンクになっても
助けられないのだが(←許せ!)

なぜか磐田の本番は、いつも波乱デス。

でも、何が起こっても、
なんとかみんなで乗り切っている感じ。

ひょっとして、相当強運な集団なのか?

1人が風邪で高熱発して
ぶっ倒れても、他のメンバーが
「よっしゃあ!」と
義侠心(?)を発揮して、
見事にステージをつとめあげたりする。

とっさの時に少しでも役に立たないといけないんで、私も現在せっせと
ソプラノ以外のパートを練習しているわけですが、ドイツレクイエムなんかソプラノよりアルトの方がやりやすかったりする。特に第1曲目は、ソプラノいじめのナニモノでもない跳躍の嵐が襲ってくるが、これがアルトにはない!
キャー! 楽勝~♪

時々、譜面の段変わりとか、
ページ変わりのところで、
うっかりしてソプラノに戻ってしまっていて、1・2小節進んでから、
「あ! ヤバい! こっちじゃない!」
と気が付いたりしてますから、
まだ心はソプラノのままみたいですけどネー。

あっちもこっちもやれると、
一曲で2倍3倍美味しいよーな気がする。

さあ、正月も練習三昧しよう~っと。
PR
この記事へのコメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/16 uriboh]
[10/16 宮田昭宏]
[10/01 uriboh]
[10/01 宮田昭宏]
[07/18 情報漏洩]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  -- うり坊はうす --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]