忍者ブログ

合唱のこと、英語のこと、本のこと、友達のこと、仕事のこと・・・とりあえず、ダラダラ続ける日記です。

なんとかサンクトゥス
●冷凍みかんが恋しい季節になりましたー。



やっぱ、夏は、これっしょ~~~~~~!

意外とアイスクリームは食べないんだけど、冷たいモノは恋しい。
そんな私の、夏のお楽しみは、これ。

ハウスみかんを買ってきて、冷凍庫に放り込み、自前で冷凍みかん作成。

ただ今、いい具合に解凍されてきています。ふふふ、これを食べると、
「はぁ~~~~~~♥♥♥♥」
になるのでありました。



●耳寄り(なのか?)情報その1

ネアンデルタール人の言語痕跡を追跡するプロジェクト、というのがあるらしい。

最新のDNA解析によると、ネアンデルタール人はホモサピエンスにもっとも近い、いわばいとこの関係にある種族だそうで、アフリカでは、ホモサピエンスとネアンデルタールは、つかず離れず状態で生活していた……んだそーです。ご近所さん、なんですねぇ。時には結婚したりもあったのかもねー。

昔は、ネアンデルタールと言えば、即、ランボー……みたいなイメージで、言葉を操り、文化の萌芽があった、なんて、ウソでしょー?

という風に見られていましたが、どーしてどーして、かなり高い文化を持っていた、と今では考えられています。んだから、当然、言語文化もあったハズ。

ホモサピエンスとネアンデルタールが混在していたアフリカの古語を分析していけば、ネアンデルタール語を起源とする言葉の痕跡が見つかるんじゃないか、というお話らしい。

ふええ~、ものすご、ロマンを感じます!

SFで、ネアンデルタールもののおもしろいのを読んだことがあります。

ネアンデルタール人の世界が、私たちの地球の平行世界として存在しており、ネアンデルタールの男性と、ホモサピエンスの女性(どちらも、現代人!)の一大ロマンスが展開する、というRobert J. Sawyerの三部作。Hominid、Hybrid、Humansというのがそれぞれのタイトルです。

あ~、また読みたくなっちった。

●耳寄り(なのか?)情報その2

昼間、ファンタジーものの本を読んでいたら、

「金髪でハスキーな奴が立っていた。サーファーにいそうなタイプだった」

みたいな文章が出てきました。

ハスキーhuskyって、あの、色っぽい「ハスキーボイス」の「ハスキー」だよね?

うーん、でも、どーも「ハスキーボイス」じゃ、ハマらない。だいたい、この金髪の男性、一言もここでは喋ってないんで、声がハスキーかどーか、わかるわけがない。

で、早速調べてみました。

そしたら、おんなじスペルで、おんなじ発音のhuskyが、3つも出てきました~(ToT)

1つは、「ハスキーボイス」のヤツ。

2つ目は、「大柄でたくましい人」。ナルホド、金髪のお兄さんは、「大柄でたくましい」お兄さんらしい。

ついでに3つ目を見たら、
①ハスキー犬 ②大文字でイヌイット人、またはイヌイット語………となっている。

『動物のお医者さん』で有名な、
シベリアン・ハスキーだ!

わぁ、チョビだぁっ!

でも、元々は、イヌイット……なんだ。へー。

………というわけで、どーやら、「大柄でたくましい」は、こっちのチョビのイメージから出来た言い回しみたいねー。

うーむ、確かに、デカくて、たくましいっつーか、強面っっーか、取って食われそーな面構えだよね。

でも、性格は結構ぼーっとしているような………。

●で、なんちゃってサンクトゥス……

じゃなくて、なんとかサンクトゥス……という表題に戻る、と。

14日の練習でやるだろう、と踏んで、昨夜ヒイヒイ言いながら、全部のパートの音採り、終了。

バッハをやるようになってから、時間のある時に、全部のパートを見るようになりました。そーやっておかないと、後でわけがわからなくなるんですー(ToT)


で、何とかやり遂げ、
なぁるほど、こういう感じの展開なのかぁ……的なことは、ちょっとわかった。

三連符がタカタ、タカタ、と並んでいるところが、ひなげしの花かなんかが、パッ、パッ、と次々に開いていくような気がして、曲そのものは可愛くて好きだなぁ。

ソプラノ1・2とアルト1・2が完全に分かれているので、6声コーラス。譜面も、6段で書かれてます。

内声部の譜読みをしていると、途中で自分がやってるパートが、二段目だったか、三段目だったか、はたまた四段、五段目だったか、ページ変わりで、わからなくなる~(ToT)気をしっかり持って、次ページへ!

ソプラノをやってると、一番上のラインだけ見てけば済んじゃうので、たまに内声部の譜面を見ると、あまりの難しさに、頭、抱える。普段、いかにいーかげんに譜面を追ってるのかがわかっちゃったりして、余計、頭、抱える。

で、このサンクトゥス、磐田バッハのライブCD聴いて、やたらバスがカッコイい曲だなぁ、と思ってたんですが、改めてバスの音採りしてみたところ、

やっぱ、むっちゃカッコええ~(≧▽≦)

なんだけど、前半部分、バス、かなりつらいっ!

バッハおじさんの、イジワル~(ToT)

人類が出せるのか?!
みたいな地を這うっつーか、地底何万マイルみたいな、限界に挑戦してみよーヾ(^v^)kみたいなとこまでいかせておいて、次の小節では、ぱっとオクターブくらい飛んでるー。

バッハは、器楽的にやらないと、とはよく言われることだけど、バスの器楽度数は、ハンパないっス。お、お気の毒。

後半のテンポがアップしたところからは、上声部がこれでもか、とイジメを受ける。で、バスはその時何をしているか? っつーと、

これが、

ず~~~~~~~~~~~っと、

お休み。

前半でイジメたので反省した?
かのよーに、やたら優遇。で、最後に主題を堂々と歌って終わる……と。

去年やったタダタケの「まいおちる」と同じパターンじゃないかー。

くっそー。またバスがいいとこ取りなんだ。かえすがえすも、ズルいパートだよなー。

●おまけ

昼間、こーらちゃんとこに検査に行ったところ、いつになく眼圧の数値が良い感じ~(≧▽≦)

前回から、眼薬をちょっと変え、少し数値向上しつつあったんだけど、今日はついに両眼とも20の大台を切り、揃って18! やったぁ!

ちなみに、この数値が20台半ばだと、相当疲れてきてて、軽く頭痛になる。さらに、30台に突入すると、そりゃあもう、激しい頭痛にさいなまれるのでアル。

いやぁ、良い主治医をもって幸せである。

その主治医とご飯に行った時に、新しいkindle paperwhiteを見せつけて、ソッコーで買わせてしまったアクマなダチは、私デス。

なんか、ソニーのリーダーを持ってたらしいんだけど、マンガを読む時、次ページの読み込みがムチャ遅くて、フツーに読めない、ブツブツ……と思っていたそーです。そう言えば、ソニーからKindleに乗り換えた、というレビューがあったなぁ。

というわけで、マンガを読まんがために、彼女もまた、paperwhiteの罠(なのか?)にハマる道を選んでしまったのであったー。これ、いわゆる1つの、類トモ現象かな?



PR
この記事へのコメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[07/18 情報漏洩]
[05/04 u海]
[03/06 uriboh]
[03/06 野良犬]
[01/24 uriboh]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  -- うり坊はうす --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]